小児の治療について

小児の治療について

小児歯科は、おおむね乳幼児期から永久歯が萌え揃う学童期まで(12~13歳)が対象となります。虫歯の治療をはじめ、虫歯の予防処置、永久歯の歯並び、噛み合わせが正しくなるように指導や予防処置(シーラント、フッ素塗布等)を行います。

小児の治療は、年齢や虫歯の程度、子供の性格などの違いにより変わってきます。痛みがある場合や何回も通院する事が無理な場合には早めに治療を行います。ご遠慮なくお申し出下さい。

小児歯科治療を成功させる為に

「何もしないから。」「ママが、みてもらうのよ。」等、決してウソを言わないで下さい。ウソをつくと、子供は保護者も先生も信じてくれなくなります。そして、「歯の治療は、痛いよね、嫌だよね。」等、歯科医院を怖い所だと思わせないで下さい。

治療が終った後は、おおげさなくらい誉めてあげて下さい。お家の人にも偉かった様子を子供の前で話して上げましょう。もし泣いてしまっても、「一人で椅子に座れて偉かった。」等、何かひとつでもほめてあげると次に頑張ってくれます。

また、お家での様子や苦手な器械などがあれば、なるべくスタッフにお話下さい。お子さんがスムーズに治療を受けられるように進めて行きます。

6歳臼歯の虫歯予防

6歳臼歯の虫歯予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です。

念入りに磨く

小さめの歯ブラシを横から入れて一本磨きで、噛み合わせの面を特にていねいに磨きます。またお母さんも、仕上げ磨きをしっかり手伝って下さい。

歯科医に予防してもらう

まず生え方に合わせてフッ素を塗ってもらいます。また必要があれば、フッ素入りのセメントを溝にすり込み、汚れるのを防ぎます。完全に生えたあと、セメントをはずし、樹脂をつめるシーラントをしてもらいます。

こんなときは歯科医に相談を

  • ・6歳臼歯がなかなか生えない
  • ・6歳臼歯が痛い
  • ・前歯がななめに生えたり、噛み合わせがおかしい
  • ・永久歯の形や色がおかしい

虫歯治療の様子

虫歯治療の様子

治療前、一見何も問題がなさそう・・・

レーザー診断してみると、大きく反応。(レーザー診断器)

少し削ったところ、歯の中に虫歯が有るの確認できました。

虫歯の部分を除去したところ、見かけによらず結構深い虫歯です。

治療後、CR充填したところ